ABOUT US

logo_nipoaloha

NIPOA( ハワイ語で、日本人)ALOHA( ハワイ語で、こんにちは、ありがとう、さようなら)

VINTAGEと呼ばれている1930-1950年代当時の和柄アロハシャツ(着物アロハシャツ)は、現在ではコレクター垂涎の一品となり、高額で取引されております。

NIPOALOHA ”KIMONO ライン”では150年間、江戸時代から続く、老舗 京都友禅染め『岡重』様 型友禅で、豪華絢爛に染めていただいた生地を用い、生地の特性に合った縫製工場で、丁寧に仕上げていただいております。

上質なJAPANESE VINTAGE ALOHA SHIRT(着物アロハシャツ)を、現代に更に美しく蘇えらせることを目的としたエグゼクティブラインとなります。MADE IN JAPAN。MADE BY JAPANESE。

【補足】

アロハシャツの起源の一説として、日本から移民として移り住んだ日本人達が、観光客のお土産にとつくり始めたという説があります。あくまでも一説ではありますが、アロハシャツが生まれた1930年代当時にmade in japanの生地(1930年代当時は”着物”の生地。1940年代初頭からアロハシャツ用に染められた生地に変わる。)で、made by japaneseの縫製によるアロハシャツが生産され、また現在もVINTAGEとして多数残っているのも事実。和柄アロハシャツは、アロハシャツコレクターにも、高い人気のあるジャンルとなっております。

A Japanese fashion brand which focuses on “Made in Japan, Made by Locals” products.

NIPOALOHA distributes a ʻKIMONO lineʼ and ʻARTIST line,ʼ

The brand name contains a Hawaiian word ʻNIPOAʼ(Japanese) and ʻALOHAʼ (which means ʻhello,ʼ ʻthank you,ʼ and ʻgood byeʼ )
.

KIMONO ライン

着物ラインでは、”KIMONO” 生地を使用し、現代での和柄VINTAGE ALOHA SHIRTを生産しているエグゼクティブラインになります。

京都友禅染め老舗ー岡重の生地や、正絹、正藍等、様々な貴重な”KIMONO” 生地を使用し、丁寧に仕上げられたラインとなります。

ʻKIMONO lineʼ

NIPOALOHA delivers the ʻKIMONO line,ʼ a collection of Japanese pattern VINTAGE ALOHA SHIRT

made from kimono fabrics, including Kyotoʼs long established Yuzen-Dye store, Okajuʼs dyed

fabric. They are all sewn by special craftspeople who understand the heart of Japanese kimonos.




岡重(http://www.okaju.com/english/information/index.html)

150年間、江戸時代から続く、老舗中の老舗 友禅工房『岡重』。

江戸時代から明治、大正につくられた文様を、復刻して頂いております。

インパクト大の鯛づくし文様や、伊藤若冲(https://ja.wikipedia.org/wiki/伊藤若沖)の特色である力強いタッチが、際立つ軍鶏文様。若沖の思いがけない構図は江戸時代から現代へと、時代を問わず新鮮さをもたらします。

どの文様も、江戸時代、明治、大正に既にあった柄だというから驚きの文様ばかり。

今季新柄は、{伊藤若冲ー孔雀文様}{マンハッタン文様}を用い、丁寧に仕上げられLINEとなっております。

This premier Aloha shirt uses Kyo-Yuzen (Dyeing technique) from Okaju traditional Yuzen Studio established

150 years ago.

The pattern from Edo, Meiji and Taisho era were reprinted.

Surprisingly, this Hundred Snapper pattern was already existed in Edo era as well as Jakuchu Ito,

(https://en.wikipedia.org/wiki/It%C5%8D_Jakuch%C5%AB)

His characteristic is a powerful touch which represented in Game Cock pattern, unexpected composition

of Jakuchu brings freshness in regardless of time.

This season new pattern is,

{Hokusai KATSUSHIKA – WATAR MELON}{Richi UENO – FLOWERS AND BIRDS TREES}{SPARROW}

Using, carefully, it will be the finished line.

HokusaiKATSUSHIKA (https://en.wikipedia.org/wiki/Hokusai)

One of the ukiyoe artists who is in the latter half of the Edo era that Hokusai Katsushika affected Van Gogh.

An illustration of watermelon is a work of later years of Hokusai. Hokusai introduced himself as a Mr. image maniac swastika in later years.

今治タオル生地

hadae W name

愛媛県今治タオル生産工場にて、シャツ用の生地を開発して頂きました。

80番手細糸を使用し、パイルも短く1mm以下とすることで、

吸水性・速乾性もよく、暑い日にも、ふんわりさらりとした肌触りの良さが際立つ生地になります。

 

AIRTIST ライン/

 アーティストライン。毎季、現代アーティストとの、コラボレートした絵柄を、生地におこした MADE IN JAPANのアロハシャツ。

 ʻARTIST lineʼ
NIPOALOHA collaborates with contemporary artists to create new prints and patterns for their Aloha shirts.

 


 

NIPOALOHA2018ss 商品説明

AIRTIST LINE

南馬久志/Hisashi Nanba SODARHAST

http://www.textileart.jp/)

テキスタイルアーティスト/奈良県在住

京友禅の染め職人を経て、染織研究所にて企画を担当。現在テキスタイルアーティストとして[SODARHAST]名義で奈良県の山間地にて、農作業を行いながら

テキスタイル作品の製作を行う。

2016/10 自然と人のテキスタイル展 ―生まれた光と影を染める― 恵文社

Textile artist lives in Nara prefecture

After working as a dyed craftsman in Kyoto Yuzen, he was in charge of planning at the dyeing and weaving research institute.

Currently as a textile artist [SODARHAST] in the mountainous area of Nara prefecture, while doing farm work

Produce textile works.

Oct/2016 Nature and people’s textile exhibition -Dye born light and shadow- at Keibunsya

ARTIST LINE

AIRTIST LINE

牧かほり/Kahori Maki

http://www.k-maki.com/)

 グラフィックアーティスト/東京在住

植物や人間のエネルギーをモチーフに、一枚の絵から、プロダクトや映像、スペースデザインに展開。

コム デ ギャルソン2005秋冬コレクションに参加。比類なき世界観を構築する圧倒的なセンスと技量が高く評価され、ハイファッションから空間演出にいたる様々な分野でコラボレーションが実現。

自身の創作活動とともに、国内外のアーティスト、企業とのコラボレーションなどを多く手がけ、近年アップル社、Adobe Systems Inc. との共作をきっかけにデジタル作品にも力を入れている。

2008年 文化庁メディア芸術祭アート部門審査員推薦作品受賞。日本大学芸術学部ビジュアルコミニュケーション科卒業後、渡米(NY)、94年帰国後フリーランスに。

Graphic Artist based in Tokyo.

Using plants and human energy as motives, she creates from one single piece of drawing and extends it to form a product or a moving image, evolving her drawing into a design of space.

Participated 2015AW COMME des GARÇONS collection. Unparalleled view is highly evaluated and her sense and skill made possible to collaborate in a variety of areas from high fashion to spaceproduction.

Besides her own artistic creations, she has also collaborated with many artists and corporations from all over the world.

Venturing from traditional methods into digital methods of creation, she showcased in the 2016 new year campaign “Start Something New” by Apple Inc., and participated in the creative summit held by Adobe Systems Inc.

Studied Fine Arts in NY following graduation from Nihon University’s visual communication design course in 1992.An active freelance illustrator since her return to Japan in 1994.The film work “mabataku” was selected as one of the Jury Recommended Works of the 2008 Japan Media Arts Festival Art Division.